にきびができやすい人とそうでない人の違いとは?

にきびができやすい人とそうでない人の違いは、どこにあるのでしょう。にきびができやすい人は、体質や遺伝的なものも関係してきますが、なべて言えば、にきびができやすい人というのは、普段の生活習慣が悪い傾向にあります。

逆に言えば、にきびができにくい人は、規側正しい生活をしているものです。規側正しい生活をしている人は、肌が正常に働いているので、にきびができにくいのです。食生活をはじめとする生活習慣が、にきびと大きく関わっています。にきびができにくい人は、肌の代謝が良く、肌の生まれ変わりサイクルが規則正しいものです。つまり、肌の抵抗力が強い状態にあります。

外部からの刺激にも強いので、菌の繁殖を防ぐことができるのです。結果、にきびができにくくなります。肌の生まれ変わりが規則正しく行われているということは、皮脂バランスも上手くいっている証拠で、肌のバリア機能がしっかり働いています。

肌がこうした状態であれば、にきびができることはありません。にきびができやすい人は、肌が正常に働いていません肌のバリア機能が低下していて、古い角質が溜まっているので、菌が繁殖しやすく、にきびができやすい状態にあります。

おでこニキビ改善法